胃内視鏡検査

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

当院では先々代より胃カメラ(現在では胃内視鏡と呼びますが)検査に力を注ぎ、日本人に多い胃十二指腸潰瘍、胃癌の診断を行ってきました。
こうした先人達の努力によって、胃癌による死亡率は1960年代から大幅に減少しています(死亡数・罹患(病気になること)数は依然として上位を占めています)。
現在はストレス社会であり、胃十二指腸潰瘍、胃癌の他胃炎や逆流性食道炎の方も多く受診されます。こうした患者様にとって内視鏡検査が特別な検査ではなく、抵抗なく受けられるようにすることが必要と考えております。
当院では以前から楽な内視鏡検査を行っていましたが、現在は鼻から行う内視鏡検査も導入し更に楽な検査を目指して、患者様の御希望に沿うように検査を行っています。

経鼻内視鏡検査

のどの反射が起きにくいため楽に検査を受けられます。

  • 鼻からの挿入では舌が押されないので嘔吐反射がおきにくいです
  • 鼻からの挿入では舌が押されないので嘔吐反射がおきにくいです

鼻からの挿入では舌が押されないので嘔吐反射がおきにくいです。

  • 下鼻甲介

    下鼻甲介

  • 中鼻甲介

    中鼻甲介

↑通りの良い鼻腔を確認しながら挿入します。

  • 鼻腔を通りのどに向かいます→気管が見えますこの先が食道です
  • 鼻腔を通りのどに向かいます→気管が見えますこの先が食道です

鼻腔を通りのどに向かいます→気管が見えますこの先が食道です。

NBI (Narrow Band Imaging)

当院ではNBIと呼ばれる方法を用いてより詳細な観察を行っています。この方法により咽頭・喉頭や食道における微細病変の発見率の向上をはかります。

当院で診断される様々な疾患

  • noimg01
  • noimg02
  • noimg03
  • noimg04
  • noimg05
医療法人社団樹医会 渋谷胃腸クリニック いつまでも健康でいたい早期検診で 03-3462-5190 お電話でのお問い合わせはこちら