医師紹介

ご挨拶

渋谷胃腸クリニックは、初代院長が、胃カメラの創生期(大学病院でも胃カメラを備えているところが少なかった頃)から胃カメラ検査に主力を置いて、胃潰瘍、胃癌の検診を行ってきました。

最新の大腸ファイバースコープを備え、大腸検診も多数行っています。
大腸ポリープの切除も外来で安全に施行しています。

また最近内視鏡機械の発達によりNBIという特殊な波長を用いた観察方法が可能になり、食道がんや咽候頭がんの診断精度が飛躍的に向上しました。当クリニックでも導入使用しています。

現院長の私が継承してから、40数年が経過していますが、この間、胃・大腸内視鏡検査を施行した数は、約7万人、胃癌、大腸癌診断症例数は、約3千5百人に及びます。

胃癌でも大腸癌でも早期には自覚症状がありません。
年に一回は定期検診を行い癌の早期発見を心がけましょう。
早期発見・早期治療を行えば心配ありません。
当クリニックでは最近話題のヘリコバクターピロリ菌の診断・除菌も行っています。

ピロリ菌は胃炎、びらん、胃や十二指腸潰瘍更には胃癌の発症と密接に関連する事が証明されています。
内科一般、生活習慣病、企業、個人の検診、人間ドック渋谷区の胃、大腸検診等も行っています。入院治療、手術が必要な場合は関連病院又はご希望の病院をご紹介致します。

院 長 後藤 靖彦

昭和40年 横浜市立大学医学部大学院卒業
医学博士号取得後
国立ガンセンターにて崎田 隆夫先生に師事して、胃内視鏡の研鑽を積む。(注:崎田 隆夫先生ー胃内視鏡の先駆者、元日本消化器内視鏡学会理事長、元筑波大学教授、元国立ガンセンター内視鏡室長)
昭和45年 渋谷胃腸クリニック院長就任
  • 日本消化器内視鏡学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本へリコバクター学会感染症認定医
  • 日本消化器内視鏡学会所属
  • 日本ヘリコバクター学会所属
  • がん研有明病院連携登録医
  • 日赤医療センター登録医
  • 東京女子医大登録医
  • JR東京総合病院登録医
  • 東海大学東京病院連携登録医
  • 慈恵医科大学第三病院登録医
  • 都立広尾病院連携医療機関
  • 虎ノ門病院連携医療機関
  • 日本医師会 認定産業医

副院長 後藤 直樹

平成10年 帝京大学医学部卒業
平成10年5月より、下記病院等勤務 済生会横浜市南部病院
横浜市立大学医学部付属病院
横浜市立大学付属市民総合医療センター
神奈川県立がんセンター
秦野赤十字病院 等
現職 国際医療福祉大学熱海病院
外科講師
内視鏡副部長
学会

資格

  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 人間ドック健診情報指導管理士

所属

  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本人間ドック学会
  • 日本ヘリコバクター学会
  • その他多数の学会に所属
平成10年5月1日より、下記病院勤務 横浜市立大学医学部付属病院
横浜市立大学付属市民総合医療センター
神奈川県立ガンセンター
秦野赤十字病院
平成19年6月2日より 国際医療福祉大学 講師
日本消化器内視鏡学会専門医、日本外科学会専門医
日本消化器病学会、日本ヘリコバクター学会、その他多数の学会に所属。
日本医師会認定産業医。

胃及び大腸内視鏡検査による診断・治療を専門に行っている。
内科及び外科、疾病全般についても、幅広く診察を行ってます。

(月曜日・金曜日)勤務

医療法人社団樹医会 渋谷胃腸クリニック いつまでも健康でいたい早期検診で 03-3462-5190 お電話でのお問い合わせはこちら